特選☆気になるトピックス

アナタの気になるニュースを毎日お届けします(^_-)-☆

( ゚Д゚) 【悲報】「ガキが…舐めてると潰すぞ」が流行した理由、真剣に分析されてしまう

      2019/03/01


【悲報】「ガキが…舐めてると潰すぞ」が流行した理由、真剣に分析されてしまう

1 :風吹けば名無し:2019/02/28(木) 19:30:47.82 ID:KaJvgEC1d.net

「ガキが…舐めてると潰すぞ」 YouTubeサムネ画像ネタはなぜ流行ったのか

uKhbTPl

   「ガキが…舐めてると潰すぞ」「レモンだ?貴様この野郎」――大物芸能人が、このような「言いそうにもない」言葉を発しているような画像が、2ちゃんねるなどの掲示板サイトや、ツイッターなどのSNSなどで一時期流行した。

流行っているのは、画像だけではありません。
「○○が放った言葉に一同驚愕!その理由に涙が止まらない…」といった、いかにもこの手の動画にありがちなフレーズが、YouTubeやTwitterで意図的に使われるようになりました。

流行のメカニズムは?
芸能人が物議をかもしているかのようなサムネイルは、多くの人々の注目を集めます。またさらに、それが時事のニュースを扱ったものであれば、より急上昇ランキング入りしやすいことでしょう。

このサムネイルネタを広めたもうひとつのきっかけは、2ちゃんねるにあります。
12月上旬の早い時点で「ガキが…舐めてると潰すぞ」のネタとしての面白さが認知され、12月中だけで200件以上のスレッドが立てられました。
特になんでも実況J板は、今回の件だけでなく、多くのネットスラングを生み出す発祥の地となっています。少しふざけたネタを発掘し、改変して面白がる習慣が、そこにはあるのです。
やがてサムネイルはTwitterでも流行りだしますが、その先がけとして2ちゃんねるがあったことに注目したいです。

共通する「捏造」の力、その二面性
スクロール動画のサムネイルは、言ってしまえば「捏造」です。
実際には怒っていないのに、怒っているかもしれないと思わせる。多少事実を変えてでも、わかりやすく興味を引く形にすることは、噂話のニュース、すなわちゴシップの基本的な手法と言えるでしょう。

ある画像をもとに、いかにも言っていそうな発言を作り出して面白がる。昔からネット上の文化には、そういう性質があります。
ゴシップを生み出すために捏造が行われていたスクロール動画でしたが、その捏造という手法は、昔からあるネット文化に通じるものがあった。
その結果、YouTube芸能人サムネイル画像が、ネタとして広がっていったのではないでしょうか。

https://www.j-cast.com/2019/02/28351264.html

続きを読む


 - まとめ

↓